あ~祭り!

男らしいはっぴの着こなし術

祭りに欠かせないものと言えば、はっぴとねじり鉢巻きです。昔から神社のお祭りでは、男性がこの衣装に身を包み、御輿を担いで町内を練り歩くことが通例となってきました。祭りは、男性にとっては、晴れの舞台です。はっぴの着こなしひとつで野暮ったい男だと思われたり、粋でいなせだと評価されたりと、非常に重要なアイテムとなってきました。かっこ良く着こなすには、パリっと糊をきかせていることが最低条件です。クリーニングしたあと、スプレーで糊をたっぷりと塗布し、アイロンでシワを伸ばして仕上げます。家庭でアイロンがけをするのが面倒なときには、クリーニング店に依頼するとよいでしょう。その際に、糊を効かせるようにオーダーしておくと確実です。はっぴは、洗濯するたびに染料が落ちて、色がくすんでいきます。そのため、頻繁に新調するのが一般的で、手ぬぐいのように、使い込んで色落ちしたほうが味があるというものと違い、色が鮮やかな新品の方が好まれることに注意が必要です。

祭りの主役!はっぴ着こなしテクニック

夏祭りやイベントなどで、はっぴを格好よく着こなして祭りの主役を目指してみませんか?はっぴには着物と違って特別な作法がないので、自由にアレンジして楽しめるのが魅力です。一番簡単な方法は袖を外側に折り曲げること、中生地を見せることによってアクセントをつけることができます。髪型も着こなしを粋に見せる重要なポイントです。女性ならアップにまとめて、整髪料にラメを混ぜて華やかさを演出することも素敵です。また男女共通お祭りアイテム、ねじり鉢巻きも粋な着こなしに一役買ってくれます。更にたすき掛けや帯の結ぶ位置・結び目を工夫することで集団で同じはっぴを着ていても、自分だけの個性を発揮することもできます。帯にはストレッチ素材を使ったものもあり、腰のくびれが無い小さなお子さんでも締め付けすぎず結ぶことができます。腰から下は股引や足袋・雪駄が一般的で個性を出すのは少々難しいので、木札やポーチ、髪飾りなどの小物類も上手に使うといいでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/9/29


PAGE TOP

『はっぴ 男』 最新ツイート

@__akachan__2580

なんで男は自分が振った女は何年経っても俺の事がすき!好意あるでしょ! みたいな考えできるんだろう 脳内はっぴーお花畑野郎すぎて失笑 正直女は何年も経ったらどうでもよくなるし存在すら忘れてるからな

4時間前 - 2018年10月16日


@kunpuuuuu

新イベ 八百八町 (はっぴゃくやちょう) といえば 銭形平次(ぜにがたへいじ) 演:大川橋蔵/風間杜夫/北大路欣也/(村上弘明) 主題歌「銭形平次」 歌:舟木一夫/北大路欣也/福山雅治 歌い出し:男だったら 一つにかける 世代差ありそう(゚∀゚)

8時間前 - 2018年10月16日


@coralnaano

@sakuraikeisuke_ 🎈はっぴーばーすでー🎂 圭佑くんお誕生日おめでとうございます☺︎︎ 男水をきっかけに圭佑くんを知り、まさかの飛込みしてたと聞いて驚きとマイナーな競技なのに私のやってる競技されてたことに少し運命勝手… https://t.co/lZof3vPgFe

8時間前 - 2018年10月16日


COPYRIGHT(C) あ~祭り! ALL RIGHT RESERVED